Pocket Wifi 501HWの特長やスペックなどまとめて

ポケット wifi 501HWの特長やスペックなど

ポケット wifi 501HWのポイントは?

 

 

こちらは、管理人が契約した時(2017年6月)の
ネクストモバイルで無料レンタルのデータ端末Pocket Wifi 501HWとなります。

 

2017年8月以降はネクストモバイルの無料レンタル端末が富士ソフト FS030Wに変更

 

 

ネクストモバイル FS030W

 

 

Pocket Wifi 501HWはレンタル終了となっています。

 

ソフトバンクの回線(LTE)を利用したWiFiサービスは変わりありませんから
参考程度にチェックしていただければと思いますよ。

 

501HWのポイントとしては、スマートフォンやタブレットに接続して

 

無料専用アプリの「テレビ視聴」をダウンロードすることで
ワンセグ/フルセグでテレビが見られることとなっていますね。

 

 

501HWでテレビが見られる

 

 

テレビチューナー搭載のデータ端末となっているわけです。
ちょっとした合間や休憩時間などに嬉しい機能だといえるでしょうか。

 

ポケット wifi 501HWの基本的なスペックは
サイズ 幅104mm×高さ60mm×厚さ18.2mm
重さ 約150グラム
連続通信時間 約10時間(キャリアアグリゲーション非適用時)
連続待受時間 850時間
同時接続 最大10台

 

通信速度は下り最大187.5Mbpsの高速データ通信が可能で

 

キャリアアグリゲーションによって、SoftBank 4G LTEと
SoftBank 4Gの両方が使えるハイブリッド4G LTEに対応しています。

 

 

PocketWifi 501HWはハイブリッド4G LTE対応

 

 

キャリアアグリゲーションとは、複数の異なる周波数帯の電波を束ねて
データの送受信を行うシステムで、あなたがインターネットを使う環境にあわせて

 

最適なネットワークを自動で選択して通信を行うようになります。

 

ただし、キャリアアグリゲーションは一部エリアから順次提供、拡大中

 

また、ベストエフォートでのサービスとなりますので、あなたが使う場所や環境
混雑する時間帯などによって、通信速度が変動するケースはあります。

 

これはネクストモバイルに限らず、すべてのWiFiサービス共通ですので
モバイル回線でネット接続を検討するなら把握しておきたいポイントですね。

 

 

 

page top